行政書士 田野中 豊 プロフィール

略歴

     
昭和40年10月~

神奈川県横浜市にて誕生
小・中・高校と地元の公立学校へ。いずれもサッカー部に所属。

昭和60年4月~

立教大学法学部 入学
この年の夏よりウインドサーフィンを開始。海に通い始めます。

平成2年4月~

ダイア建設㈱入社。新宿本社に勤務。
マンション用地の仕入れ、マンション設計企画、近隣折衝、施工監理を担当

平成7年10月~ 福岡支店転勤のため、初めて福岡に。
福岡、鹿児島エリアのマンション事業を主に担当

平成13年10月~

同社を退職。
妻・1歳の娘と家族全員で、マウイ~静岡県御前崎の長期サーフトリップへ

平成14年4月~

福間海岸のマリンショップに勤務。
ウインドサーフィンインストラクター、ウェイクボードトーイングなどを担当
また、この年秋の行政書士試験を受験し、合格。

平成15年5月

福岡県宗像市にて行政書士事務開業

平成16年~

会社設立等の起業支援業務を開始。福岡(九州)で初の電子定款認証による会社設立を実施。

平成17年~

福岡市中央区天神に事務所移転。
取扱業務を起業支援、許認可、事業運営支援等の事業経営者支援業務に特化。
建設業許可業務を開始

平成28年~

主要取扱い業務を建設業者支援業務に特化。「福岡シーサイド建設業許可センター」を立ち上げ、建設業許可、経営事項審査、指名願のサポートを行う。

行政書士たのなか事務所 代表者 田野中 豊

1965年 神奈川県横浜市生まれ 立教大学法学部卒業
趣味 / サーフィン,マラソン

平成7年10月、当時勤務していた大手マンション分譲会社の福岡支店転勤となり初めて福岡の土を踏む。
平成13年、同社を退職後も福岡に残り、約2年間のドロップアウト期間中に行政書士資格を取得。平成15年5月に福岡県宗像市にて行政書士事務所を開業。

平成16年に福岡(九州)で初の電子定款認証による会社設立を実施。

平成17年、起業・会社設立、営業許可申請代行、ビジネス法務サポートなど、事業サポート業務に特化した行政書士事務所として、福岡の起業者、個人事業・中小企業経営者のサポートに日々走り回りつつ、時間を見つけては波乗りも精力的に楽しむ、“福岡天神の波乗り行政書士”として活動中。

起業までの経緯

会社退職~

「マウイでウインドサーフィンがしたい…」

これが会社退職の理由でした。別に、プロになろうとかそういうわけではありません。 ただ、毎日海にはいりたかったというだけ。
思いたったら… で、退職予定日を決めてマウイ行きチケットを購入。
そのまま予定通り、妻・1歳の娘とともにマウイへ。

マウイでは

朝ゆっくり起きてコナコーヒーを飲み…
ちょっとサーフィンをしてランチ…
午後からウインドサーフィンでウェイブをガッツリ楽しみ…
夕陽を見ながらビール+ジャグジー
ディナー+ビール+ワインの後、夢の中へ…

約1ヶ月、こんな生活をしてるうち、勤労意欲はすっかり減退。
「何もしなくても、この夢の生活は続くんだ…」
本気でこんなこと思っていたほど、重症となりました。 この調子なので、帰国後も御前崎にサーフトリップに行くなど、ぶらぶら生活を 継続。

フリーターに

あっというまに貯金・退職金は底をつき…いち早く現実に目覚めた妻はすばやく行動し銀行に就職。
いまだ夢の中にいた自分は、主夫となり家事にいそしむことに。公園デビューもこのとき経験しました。
しかし、やはり家計は苦しく、いつもギリギリ。それでも就職する意欲はわかず、福間海岸のウインドサーフィンショップにてアルバイトすることに。

時給500円+歩合給で、ウインドサーフィンインストラクター、ウェイクボードの トーイング、BBQのお世話、大工仕事。風波あればウインドと、あいかわらず海での生活。

資格取得へ

「30代後半、妻も娘もいて、この状況はさすがにまずい…」

と、頭の片隅では思いつつも、なぜか就職活動する気はまったくわかない。 しかし、妻の実家から直接的・間接的な金銭援助を受けており、このままという わけにもいかないし、役にたたないプライドもあり、とりあえず世間体上、

「資格を目指してがんばっている人」

という社会的位置付けを得ることとし、資格系の雑誌を買い漁る。
法学部出身ということと、なんとなくステイタス高そうな気がした法律系の資格にしぼり、 比較的手頃なマークシート試験の行政書士を選択。
時間だけはあったので、まめに勉強し、半年後の試験で無事に合格できました。

開業へ…

「これでなんとかプライドを保った」

と、思ったのも束の間、資格をとったことにより、

「資格を目指してがんばっている人」

という社会的位置付けを失うこととなってしまった私。
もうひとつ資格を目指す金銭的・精神的余裕はなかったので、どこかで正社員となり サラリーマンに戻るか、独立開業するか、いよいよ決めなくてはならない時が。

もともと独立したくて資格をとったわけではないので、ここで初めて独立するって どういうことなのか、行政書士ってどうやって稼いでいるのか、について真剣に研究。 いままでは気にもとめてなかった

  • 「行政書士は食えない!」
  • 「行政書士の平均年収は200万以下」
  • 「役所定年退職後の、おまけ資格」

の文字がやたら重くのしかかってきました。

それでも、もうこれでやるしか選択肢はのこっていなかったので、平成15年5月に行政書士登録をすませ、開業することとなりました。

開業後は…

初年度は惨敗

最初は宗像の自宅にて開業。知人への挨拶はがき、ポスティング、宗像市内の事業所へのランダムな飛び込み営業など、とりあえず毎日汗をながしましたが、仕事となったのは嫁の実家の紹介による
農地関係の手続きのみ…
初年度7か月の売り上げは4万5千円と、散々な結果となりました。

2年目より徐々に軌道に…

年明け早々、地元のオリコミ誌に会計業務の広告掲載。1枠5千円ほどの広告料でしたが、当時はヒヤヒヤでした。
折込日当日にさっそく反響TELが入り、即成約。
その後、会社設立業務など、広告掲載すると必ず反響が入り、成約するという、ラッキなー状況が続き、徐々によい流れになっていく感触がかんじられました。

電子定款認証とホームページ

「会社費用が4万円削減できる電子定款認証」が、福岡でも運用開始となった平成16年。
設備導入に10万円以上の費用が必要ということと、普及するのか? という疑問から、とりあえず様子見する同業者が多かったことが幸いし、福岡で第1号となる電子定款による会社設立を実施。
あわせて、ホームページによる集客を電子定款認証を主体とし開始しました。

ホームページでは食えない
ホームページでくる客層は悪い

こんな都市伝説が、まだ福岡の行政書士業界では信じられており、新人研修時にも、講師の方より
「ホームページで客は来ない。」なんて話が出てくるほど、ネット営業が遅れていた福岡。
このため、ネット営業に関しては、ほぼ競合ゼロの状況。
こんな幸運な状況がかさなり、2年目から行政書士業務1本で生活できる基盤を造ることができました。
また、この年より建設業関連業務の取り扱いを開始しました。

このページの先頭へ