専任技術者

建設業許可を受けるための第2の要件は、専任技術者が営業所ごとに常勤でいることです。
専任技術者に該当するかどうか、確認していきましょう。

一般建設業許可の専任技術者

一般建設業許可の場合の専任技術者は、以下のいずれかに該当する人です。

①大学、高等専門学校の所定学科卒業後、許可を受けようとする業種について3年以上、高校の場合5年以上の実務経験を有する人

②許可を受けようとする業種ついて、10年以上の実務経験を有する人

専任技術者の実務経験はダブってカウントできない。

建築工事業と内装仕上工事業を営む会社で10年間、実務経験を積んだ場合でも、専任技術者になるための実務経験としては、どちらか1業種しか認められません。
建築工事業の実務経験10年とカウントした場合は内装仕上工事業の実務経験は0カウントとなります。

③許可を受けようとする業種に関して、所定の国家資格等を有する人

特定建設業許可の専任技術者

特定建設業許可の場合の専任技術者は、以下のいずれかに該当する人です。

①許可を受けようとする業種に関して、所定の国家資格等を有する人

②一般建設業の①~③のいずれかに該当し、かつ元請として、4,500万円以上の工事について2年以上指導的な実務経験を有する人

③指定建設業(土木工事・建築工事・管工事・鋼構造物・舗装工事・電気工事・造園工事の7業種)については①に該当する人

証明にはこんな書類が必要です。

実務経験の証明は

  • 実務経験をつんだ会社等からの証明書
  • 当該会社の請負契約書、発注書、請求書、領収書等の控え(証明したい期間分以上)

などが必要。なお、当該会社が、在職当時建設業許可業者であった場合は、 建設業許可通知書副本の写しなどでも証明可能です。

常勤性の確認方法

常勤性の確認は、以下の書類等で確認されます。

  • 健康保険証(法人の場合は社会保険、個人の場合は国民健康保険証)
  • 出勤簿
  • 賃金台帳

このページの先頭へ