経営事項審査申請 受審の流れ

毎事業年度の決算終了から、経営事項審査を受審するまでの流れです。

1.事業年度の終了

会社の決算日です。
(経営事項審査では、この日が審査基準日となります。

矢印
2. 確定申告

法人の場合は決算日後2か月以内、
個人の場合は3月15日までに行う税の確定申告

矢印
3. 決算変更届

建設業許可の決算変更届。
工事経歴書・財務諸表などを提出

矢印
4. 経営事項審査の予約

福岡県の場合、往復ハガキにて予約をします。
決算月ごとに、経営事項審査受審の目安月が定められています。

矢印
5.経営状況分析

指定分析機関への経営状況分析申請手続き

※当センターではワイズ公共データシステム㈱を利用しています。

矢印
6. 経営事項審査申請受付・福岡県指名願い申請受付

指定された日時・会場に赴き、経営事項審査の申請受付手続きを行います。
※令和3年度はコロナ対策のため、郵送のみの受付審査となります。

矢印

経営規模等評価通知書の受領

※経営規模等評価通知書の有効期限は審査基準日(決算日)から1年7ヶ月。

有効期限が切れると公共工事の入札に参加できなくなるため、継続して受審する場合は、次年度の経営事項審査は、審査基準日(決算日)から7ヶ月以内に審査手続きを完了させなければなりません。

このページの先頭へ